まさか俺がED!?

自分がEDだということを自覚している方は数少ないでしょう。日本人の成人男性のおよそ3人に1人がEDになっていると言われているくらい、発症している割に自覚が少ないものです。気になった方は当サイトをチェックしてみてはいかがでしょう

EDはセルフチェックが出来ます

性欲があるのに、勃起しないもしくは勃起力が弱いようなことがあれば、EDの可能性があります。精力や体が疲れていることで勃起不全が起きることもありますが、その場合は性欲の有無を確認するとわかりやすいです。またセックスの最中に中折れをするのも典型的なEDの症状です。性的興奮をしているのに、勃起力として帰ってこない場合はEDの可能性があります。最終的な判断は医師がすることになりますが、このようなセルフチェックで状態を知ることができます。

最終的な判断を下すのは医師の診察ですが、よく勘違いされていることも多いです。男性器を直接医師の前に差し出して、勃起力を確かめる検査をするなど言われることもありますが、このような検査は少ないです。診察は問診になり、セルフチェックのような質問から始まり、持病の有無を確認されます。安全に服用するためにも持病のチェックは必ずされますので、正直に答えてください。一部の男性に処方してほしいあまりに嘘をつく男性もいます。リスクがある医薬品ですので十分気を付けてください。このような噂があることでなかなか相談に行き辛い男性も多いですが安心してください。診察は問診だけになりますので、そこを乗り切ることができれば、処方してもらえます。あとは服用して、反応の有無を次回医師に申告してください。場合によっては他の医薬品を試すこともありますので、あきらめないで改善を図ることが大切です。

EDは他の病気を発症しているシグナルの可能性もあります。狭心症や心筋梗塞とEDのメカニズムは同じであり、血管が問題になっていることもあります。脳卒中の可能性もあることから、セルフチェックが悪ければ病院に行くことをおすすめします。