まさか俺がED!?

自分がEDだということを自覚している方は数少ないでしょう。日本人の成人男性のおよそ3人に1人がEDになっていると言われているくらい、発症している割に自覚が少ないものです。気になった方は当サイトをチェックしてみてはいかがでしょう

EDは内緒で相談可能!製造会社のお薬の個性は変化

EDは男性にとって恥ずかしい体調不良であり、その性質上、他人に対してなかなかカミングアウトする事が出来ません。
それこそ妻や両親、子供たちに相談する事が出来ませんし、仮に打ち明けたとしても、明確な改善案を得られる確率はほとんど無いはずです。
またEDにはいくつかのステージがあります。EDとは勃起機能がゼロになる状態だと、世間一般には思われていますが、例えば、ペニスが短時間では立たない様子やペッティングを受けても反応が著しく悪い様子、勃起は滞り無くするが性行為の最中によく萎えてしまう状態なども、EDに区分されます。
肉体疲労によって、そういった症状が現れる事例もありますが、そういった状況が3日連続で続くようであれば、残念ながら軽度から中程度のEDである恐れが高いです。

EDは内緒で治したい体調不良ですので、妻や子供たちにはバレない形でメンズクリニックを訪ねましょう。
念のため、家族や知人と遭遇する可能性が非常に低いとなり町の医院を使ったり、会社周辺のビル街のメンズクリニックを使えば、より完璧です。
EDの相談は家族に内緒で進められますし、医師には守秘義務が課せられますので、プライバシーに関しては安心出来ます。

EDのステージによっては専用の治療薬が処方されます。
性生活が困難だと医師に判断してもらえば、夫婦の夜の営みをサポートしてくれるお薬がすぐに受け取れますので、これから子作りを満喫したい方や新婚生活の中でたくさんセックスを楽しみたい方々には嬉しい結果となります。
治療薬は製造会社によって、色々な種類があります。

日本国内では主に3つの製造会社の製品が処方されています。
即効性や効き目が続く時間にそれぞれ個性がありますので、医師と相談した上で、自分の性生活に合う治療薬を選びましょう。